パスポート、ビザ、ワーホリ保険

ワーキングホリデーの旅に欠かせないのはこの3つ。ワーキングホリデー保険に加入していなければ、ビザの申請さえできない国も多くあります。

資料請求する(無料)

安心があるからワーホリが楽しめる

旅先でのケガや病気。治療や入院などにかかる経済的なリスクをカバーしてくれる保険があるからこそ、充実したワーキングホリデーが楽しめます。

資料請求する(無料)

LCC保険は格安航空会社がモデル

LCC保険プランはコスト削減により低価格運賃を実現しているLCC・格安航空会社の姿勢を参考に、必要な補償を無駄なく絞り込んで手頃な保険料を実現しました。

資料請求する(無料)

1年間 112,810円から

医療補償に特化したLCC保険プランは、無駄なくローコストで入れる新しいタイプのワーキングホリデー保険です。

資料請求する(無料)

キャッシュレス・メディカル・サービス

お客様からのお電話を日本(東京)の東京海上日動「海外総合サポートデスク」で受付。24時間・年中無休・日本語受付でキャッシュレス・メディカル・サービスにも対応しています。

資料請求する(無料)

LCC(ローコストカバレッジ)保険

LCC保険プランとは?
「LCC保険プラン」とはサービスの簡素化や運行費用の徹底した削減などにより低価格の運賃を実現している「LCC・格安航空会社」の姿勢を参考に、ワーキングホリデー生活において、必要な補償を無駄なく絞り込み、よりお手頃な保険料を実現した保険プランです。
医療補償を重視
たとえば、ワーキングホリデーによる渡航者のほとんどの方が独身で、共通して多いご要望は保険料を抑えるために「死亡保障はいらない」という点。さらに、どちらかというと「現地で病気になったりケガをした場合の治療費用が心配」とのこと。こうして寄せられたご要望をもとに医療補償を重視した「LCC保険プラン」を開発しました。海外でも日本にいる時と変わらない安心した時間を過ごしていただく為にもまずは『LCC保険プラン』から検討してみてはいかがでしょうか。
ワーキングホリデーに最適化されたオリジナルプラン
この『LCC保険プラン』はワーキングホリデー保険キットのオリジナルプランです。このページに掲載しているプラン以外にも多数のプランをご用意していますのでお気軽にお問い合わせ下さい。また、2年間のビザが出るイギリスや、オーストラリアでのセカンドワーキングホリデービザ取得を予定されている方の場合などには最長で2年間のご契約も可能です。

※『LCC保険プラン』はワーキングホリデーだけでなく、留学や長期旅行でもご加入いただけます。

24時間日本語対応とキャッシュレス・メディカルサービス
「LCC保険プラン」では海外のどこを旅行されていても、お客様からのお電話を日本(東京)の東京海上日動「海外総合サポートデスク」で受付。24時間・年中無休・日本語受付でキャッシュレス・メディカル・サービスにも対応。特に緊急時のスピーディーな対応には定評があり、海外でも安心です。
各国のワーキングホリデービザ申請にも対応
フランスやアイルランドなど、ワーキングホリデー対象国の多くではワーキングホリデー保険への加入をビザ申請のための条件としています。さらにカナダでは保険未加入者に対しての入国拒否の可能性を明確にし、実質的に保険への加入を義務化しています。
LCC保険プランではワーキングホリデー対象各国(ドイツを除く)のビザ申請に対応しています。
ワーキングホリデーの保険選びは83%の人が保険料の安さを優先
ワーキングホリデー保険の選択において、83%の人が「保険料の安さを優先したい」としています。また11%の人が「わからないので専門家にまかせたい」としています。ワーキングホリデー保険キット・LCC保険プランでは安価な保険料のプランだけでなく、ワーキングホリデー保険の専門家からのアドバイスも提供させていただいています。data

 

オプション
【緊急一時帰国費用】tk2015_12-2
引受けの限度額について
各保険金額とも引受けの限度額がございます。傷害死亡保険金額、傷害後遺障害保険金額、疾病死亡保険金額については、被保険者(保険の対象となる方)の年齢・年収等に応じた引受けの限度額がありますので、特に被保険者が保険期間開始時点で満15歳未満の場合や、ご契約内容に対する被保険者の同意がない場合にはご注意ください。
本ホームページにおけるご注意点
このホームページの情報は当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。詳しくは「パンフレット」、「海外旅行保険あんしんガイドブック」をご参照いただくか、当社までお問合せください。

ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。


このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。